美味しい・安全なおすすめ宅配食材はこちら

シミ取りレーザーを受けた体験談【経過画像あり】

シミ取りレーザー かさぶたにならない

年齢や紫外線とともに出てくる顔のシミ。

気づいたら「こんなところに大きいのがある!」ということもありませんか?

この度シミ取りレーザーに初挑戦してきました。

シミ取りレーザーって痛かったり、高いイメージがあったんですが、意外と気軽に受けられるものでした。

実際に私がシミ取りレーザーをしてみて、レーザー後の経過でいつまでテープを貼ればいいかとか、1週間経ってもかさぶたにならなかったなど疑問点が出てきました。

そこでシミ取りレーザー初挑戦の私の体験談をまとめました。

この記事で分かること
  • シミ取りレーザーの痛みはどれくらい?
  • シミ取りレーザー後のテープはいつまで貼ればいいか
  • シミ取りレーザー後のかさぶたが1週間経っても取れない場合

シミ取りレーザーは高くない!意外と気軽に受けられる

「シミ取りしたいな〜とでも高そうだしいくらくらいなんだろう?」と思ってグーグル検索してみたら、意外とシミ取りレーザーしている病院が近所にけっこう出てきました。

価格もまちまちでしたが、だいたい8,000円〜と比較的リーズナブル。

Ryuka

もしかしてシミ取りって気軽にできるものなのかな?

でもその値段がシミ1つに対しての価格なのか、何個も取れるのかが分かりませんでした。

私はできれば頬にある細かい茶色のものを広範囲で取りたかったので、1つあたりの金額だと高くなりそうで。

複数のシミを取れる病院やクリニックを探していたところ、湘南美容外科のシミ取りレーザー10は10個とっても26,000円(税込)という破格の値段!

湘南美容外科で脱毛を通っている安心感もあり、今回は湘南美容外科でシミ取りレーザーを受けることにしました。

湘南美容外科のシミ取りはカウンセリング当日に受けられる場合も

画像は湘南美容外科公式サイトからお借りしています

湘南美容外科のWEBからカウンセリング予約を入れると、2日後に返信がきて「医師の都合が合えばカウンセリング当日にシミ取りレーザーが受けられる」ということでした。

Ryuka

1日で終わるなら嬉しい!

予約完了のメールとともに、シミ取りレーザーの説明動画のURLが送られてきます。

施術当日までにその動画を観る必要があるのでお忘れなく!

シミ取りレーザーを受けに湘南美容外科へ

予約日当日、湘南美容外科へ行き、医師とカウンセリングを受けました。

湘南美容外科のHPには、シミの種類がたくさん載っているので、自分の顔のシミはどの種類に当たるのか、どの施術になるのかが分かりませんでした。

でも気になるのが頬骨あたりにある、薄い茶色で点々と数があるものを消したいと思っていました。

自分の順番で呼ばれ医師に診てもらったところ、私の場合は肝斑はなく、そばかすでもなく、老人性色素斑というもの。

Ryuka

名前が少々受け入れられないですが、若い人から紫外線やストレスで出てくるそうです。

先生が「うんうんうん」と診て、レーザーの説明を受けて診察終了。

待合室に行き、説明とお会計をします。

施術の時間になったらまた呼ばれ、看護師さんに「取りたい10個選んでください」と言われ、気になるシミを伝えました。

ただそのときに気づいたのですが、「これじゃ本当に取りたい頬骨の薄い茶色のシミ取れないんじゃ!?」ということに。

全体的に取りたいので、こんな10個というスポットじゃないんだけど…と思いながらも、まぁ大きいのもいるしな、と思って今回はされるがままに。

10個決まったら顔を冷やすためアイスノンをあててる間、看護師さんが先生を呼んできてくれて、いざシミ取りレーザー開始!

私が感じたシミ取りレーザーの痛み

Ryuka

正直にいうとあまりにも気軽に来てしまったので、どれくらい痛いのが心配でした…

看護師さんにも直前になって「痛いですか?」と聞くくらい、ビビリまくっていました。

その気になる痛みとはいうと、「本当に輪ゴムでバチっとはじかれる」くらい。

Ryuka

あ、痛いけど思ったより痛くはない。。

10ヵ所輪ゴムでバチバチはじかれる痛みで、我慢できるくらい。

あと少し焦げ臭いようなにおいがあります。

ただ、大きいシミは4回くらいバチバチされるのと、目の下の骨あたりはけっこう痛いです!

レーザーを当てたらその場所に先生が茶色い保護テープを貼ってくれて、施術が進んでいきますが、時間にしては10分かからないくらいで終了しました。

終了したら看護師さんが軟膏を保護テープの上から塗ってくれて、替えテープも何枚かくれて終了。

ただその1時間はレーザーを当てたところがヒリヒリとけっこう痛みました。特に目の下…

1時間後になると痛みは全くなくなり、そのあと数週間経っても痛みは感じていません。

シミ取りレーザーのテープは貼りっぱなしが必要

シミ取りレーザーを受けたら1週間は茶色の保護テープを貼りっぱなしにしないといけません。

これは紫外線を浴びないようにする必要があることと、レーザー照射部を守ってあげるためです。

Ryuka

ケガをしたら絆創膏を貼るイメージですね。

私が当てた場所は頬なので今はマスクをしているのでテープが目立ちませんが、マスクよりも上にシミがある人は1週間テープを貼りっぱなしなので気になるかもしれません。

毎日のケアは、1日2回テープの上から軟膏を塗ること。

常に患部が湿っている状態のほうが、シミの場所がきれいにはがれるらしい。

レーザー照射翌日は仕事だったので、朝軟膏を塗らずにファンデーションを塗ったらテープが目立たなくなりました。

翌日以降はファンデーションは塗らず、いつも通り下地とパウダーのみ。(私は脱ファンデ生活中なので)

軟膏を塗っていって仕事に行ったら、お昼休憩時に同僚に「どうしたの!?」と心配されました。

軟膏を塗ると湿る分、茶色のテープがさらに目立ちます。

Ryuka

気づかれたくない人は朝軟膏を塗らずにファンデーションを塗るのと目立ちにくくなりますよ。

ただ患部は湿っていないといけないので、朝軟膏を塗らないことでテープが乾燥してしまわないように気をつけてくださいね。

シミ取りレーザーを受けてからの経過。かさぶたが取れない!

シミ取りレーザー照射後の経過はこんな感じ。

画像の明るさが違っていてすみません。

2日後と5日後ではそんなに大きな違いはありません。

でもだんだんシミが濃くなってきたかな?という印象はありました。

テープはいつまで貼ればいい?

1週間テープを貼りっぱなしにして、毎日軟膏を塗ったり、テープがはがれてしまったら新しいものに貼り替えをしているものの、なかなかかさぶたになりません。

Ryuka

これじゃ1週間経ってもテープはがせない!

10ヶ所中1週間でかさぶたがはがれたのが2ヶ所のみ。

両方とも目の横の小さいものでした。

かさぶた(といっても薄い皮膚がぺろっとはがれるイメージ)が取れていないのに、1週間経ったからといってテープをつけないわけにもいかず。

そこで以前シミ取りレーザーをしたことがある同僚に相談してみました。

同僚の回答
  • 1週間経ってもかさぶたにならない場合はテープをまだ貼りっぱなしのほうがいい
  • かさぶたが取れても、できるうちはテープを貼って軟膏を塗ったほうがいい

1週間はあくまでも目安で、かさぶたで取れないならまだしっかりテープを貼りっぱなし&軟膏を塗ったほうがいいそうです!

なのでそのままいつも通りケアをすることにしました。

テープを貼りっぱなしにして12日後。やっとかさぶたになって取れた

私の場合はシミ取りレーザー12日後で、10個中8個かさぶたになって取れてくれました!

テープ貼り替えるとき、シミの黒い点がテープに張り付いてはがれました。

でもマスクをつけるので、今まで通りテープ貼って1日2回軟膏を塗ってケアしています。

ただ、かさぶたがはがれたらもともとどこにシミがあったか分からなくなってしまったので、最初に写真を撮ってシミがあった場所にテープを貼っています。

Ryuka

経過を見るにも写真は撮っておいたほうがいいかも!

10日経ってもまだ一番大きいシミはかさぶたになっていてもはがれないので、しばらく様子見してみます。




シミ取りレーザーを受けるときの注意点

料金は病院やクリニックによってまちまち

シミ取りレーザーは美容外科や皮膚科などで受けられますが、料金はクリニックによって違います。

1個当たり、サイズ当たりで料金が異なるのでクリニック選ぶ際はチェックしてみてください。

あとはクリニックによっては替えテープや軟膏も別料金というところがあります。

私が行った湘南美容外科はテープと軟膏込みの料金でした!

シミ取りレーザーを受けたところで永久的にシミがなくなるわけではない

シミ取りレーザー受けても、シミは5年後に同じ場所にまた出てきてしまいます。

なので永久的になくなるわけではありません。

また出てきてしまったら再度レーザーでシミ取りをする必要があります。

1回で全部きれいに取れるわけではない

シミ取りレーザーは1回だけで完全にシミが取れるわけではありません。

大きさや濃さにもよるそうですが、数回レーザー照射が必要なことも。

私は湘南美容外科で、「照射後3ヶ月〜6ヶ月でまた当てられるようになるので、気になったらまたカウンセリング予約を取って受けてください」と言われました。

かさぶたがはがれた後、シミが濃くなったり白くなったりすることも

レーザー照射することでシミが濃くなり、かさぶたになって取れる仕組みです。

でもかさぶたがはがれた後、白っぽくなったり、シミが濃くなってしまって以前より目立つこともあるそうです。

それは人によってどんな状態になるかはレーザーをやってみないと分からないため、そのリスクがあることもご注意ください。

シミを取るなら紫外線が強くない冬がおすすめ

レーザーをやったあとは、シミの部分は紫外線に当たらないようにしなくてはいけません!

なので5月〜10月くらいの紫外線が強くなる時期は避けましょう。

レーザーをやるなら、できれば11月〜4月までの間がいいです。

今はマスクをしているので直接当たりにくいですが、しっかり日焼け止めを塗って紫外線が当たらないようにしないといけないので注意してくださいね。

シミだけでなく肝斑やそばかすも取れる美容皮膚科

肝斑やそばかすがある場合、シミ取りレーザーとは違った施術になります。

湘南美容外科でも肝斑施術はありますが、他の美容皮膚科ではセットになってるものもあったのでまとめておきます。

美容皮膚科一覧

シミ取りレーザーはまずカウンセリングを受けてから

今回初めてシミ取りレーザーを受けてみて、今って気軽にシミが取れる時代なんだな〜と思ってしまいました。

1週間ほどでかさぶたになってはがれると聞いていたので、まさか2週間弱経ってもはがれない部分もあって驚きました。

でも他の部分はぽろっときれいになくなったので、このまま半年後に出てこないことを祈るばかり。

湘南美容外科のシミ取りレーザーはかなりお手頃なのでよかったですよ!

ただ医師とのカウンセリングはしっかり受けて、リスクを踏まえて施術を受けるか決めてくださいね。

以上、りゅか(@Ryuka17374874)でした。