プロバイダをauひかりへ乗り換え。高額キャッシュバックにつられたその後の話

携帯電話をソフトバンクから格安SIMの楽天モバイルへ乗り換えることにしました。

それに合わせてインターネット回線も今まで契約していたソフトバンク光からauひかりに乗り換えることにしました。

2ヶ月ほどプロバイダ選びに時間をかけた末、auひかりを選んだ理由と契約の流れをご紹介します。

ソフトバンク光を解約して一からプロバイダ選び

夫婦揃ってソフトバンクを利用しているので、プロバイダもセット割りがあるソフトバンク光を使っています。

Ryuka

携帯代を安くしたいため、格安SIMに乗り換えを検討していました。

しかしソフトバンク系列の格安SIMにしないと、ソフトバンク光を継続する場合割引がききません。

ほとんどの場合今よりもプロバイダ代が割高になりと聞き、プロバイダを含めた格安SIMを検討しなくてはいけなくなりました。

我が家の検討内容はこのどちらか。

  • ソフトバンク光が継続して使った場合お得になる格安SIMにする
  • プロバイダと格安SIMをまるごと乗り換える

Ryuka

見直しも含めて検討することにしました。

ソフトバンク光を継続して使った場合お得になる格安SIM

ソフトバンク光を継続したときに何かしらお得になる格安SIMはYモバイルです。

同じソフトバンク系列であり、Yモバイルはソフトバンク光を使うと「おうち割」適用で1台につき700円/月割引が入ります。

Ryuka

Yモバイルは10分通話無料がもともとついています。

休みの日にたびたび職場に電話をかける夫の希望が「10分無料通話」だったので、我が家の条件にはぴったりでした。

夫婦でネットをめちゃめちゃ使うので、GBが6GB以上ないとダメ。Yモバイルは2年間はMプランが9GBになったので、私たちに合う!とYモバイルにすることにしました。

Ryuka

Yahoo!ショッピングも使うので、プレミアム会員が無料なのもありがたいのです。

Yモバイルをやめて楽天モバイルにすることに

もうYモバイルにすることが決定していた矢先、休みの日にたまたま行った家電量販店の格安SIMをのぞいてみたら、ふと目に止まったのが楽天モバイル

実は格安SIMを検討し始めた当初、楽天モバイルでも話を聞いていました。

そのときは通話が5分無料だったので、「条件に合わない」とスルーしてしまったのですが、なんと7/1から「スーパーホーダイ10分通話無料」に変更されているのではないですか!

Ryuka

驚いて食いついてしまったのですが、店員さんに話を聞けば聞くほど楽天モバイルがよく感じてしまい…。

というのも私自身が楽天市場ユーザーであり、ポイントも貯めているし、最近楽天スーパーポイントが楽天証券や携帯代金に充てられると聞いていて、とても関心がありました。

YモバイルよりはGB数が少ないけれど、それを超えても1Mbgs使い放題の楽天モバイル

Ryuka

1mgpは動画がストレスなく、サクサク観られる速度と言われています。

ネットをめちゃくちゃ使う私たちでも、これでGB超えても問題ないんじゃないか?と思う次第。

携帯代金もYモバイルと大して変わらないし、それだったらポイントが貯めやすく使いやすい楽天モバイルにしたい!と思い、夫を説得し、晴れて楽天モバイルへ乗り換えることにしました!

楽天モバイルへ乗り換え+プロバイダも変更へ

Yモバイルにすると今使っているソフトバンク光を継続できますが、楽天モバイルにすると割高になってしまうため、これを機にプロバイダ自体も変更することにしました。

Ryuka

ちょうど丸3年経っていますが、ソフトバンク光は2年更新のため解約するのには違約金が発生します。

プロバイダはいっぱいあるのでどれにするか選ぶのがなかなか大変でした。

条件は以下の通り。

  • 5000円以下で安く抑えたい
  • マンションで使えるもの
  • ひかり系

マンションで使えて、安く抑えられるもの。そして今使っているにがひかり系なので速さを考えるとひかり系が希望です。

まず絞り込みをしたのは楽天モバイルに合うプロバイダがあるかどうか。

Ryuka

「セット割」があるものだとお得になると考えました。

楽天から出ているのが【楽天コミュニケーションズ光】なのですが、残念ながら楽天モバイルにはセット割がありません。

Ryuka

嘘でしょ。。。

現段階ではセット割はないため、今後もしかしたら出来るかもしれませんが、私は今すぐ必要なので候補に入れることに。

他には@nifty光auひかりが候補に上がりました。

両方ともマンションタイプは3800円とソフトバンク光と同一の価格なので安く、ひかり系なので早さも申し分なし。

Ryuka

両方ともau系列なので、楽天モバイルとはどちらとも関係がないからどうしよう。。
MEMO

nifty光はUQモバイルとセットだと割引が入るんですよね。残念ながらUQモバイルは5分通話無料のため、夫の条件に合わず却下になりました。

結果的に申し込みをしたのはauひかりです。なぜならば、auひかりの代理店から申し込むと他社からの乗り換えの場合解約違約金を補填してくれるからです!

Ryuka

つまりお金に釣られました!

auひかりの高額キャッシュバックにつられたプロバイダ選び




私が申し込みをしたのはauひかりの正規代理店・株式会社25(トゥエンティファイブ)という会社の広告からでした。

Ryuka

この広告の通り、キャッシュバックの金額が大きいんです!

我が家はマンションなので、HPによると月額支払いは3800円。

30,000円工事費がかかりますが、30,000円を24ヶ月で割った1250円が毎月引かれるため月額2550円で利用出来るし、実質工事費初期費用無料と謳っています。

Ryuka

2550円で使えるなんて安い!

auひかり自体は評判がいいし、キャッシュバック金額が大きいし、しかもソフトバンク光の解約金を補填してくれるし、いいことばかり!と思ってさっそくHPからメールで問い合わせをしました。

Ryuka

まさかの5分以内にすぐ電話がかかってきて驚きました。

「申し込みを検討している」ことをお話しし、金額やキャンペーン内容を詳しく教えてもらいました。

が、私の場合は「35000円のキャッシュバックです」と電話の担当者が言うんです。

Ryuka

広告には「12万円弱」と書いてあるのにたった35000円だけ?

とちょっと納得がいかなかったものの、話を聞いているうちに子供の保育園のお迎え時間になってしまったため、担当の方に事情を話して再度電話をさせてもらうことにしました。

Ryuka

フリーダイヤルだから気兼ねなくかけられるしね!(ケチ)

しかしその間、その会社についてネットで調べてみることしました。

Ryuka

すると株式会社25のあまり良くない評判がつらつらと書いてあり、正直不安を感じてしまいました…。

書かれていた内容は、「キャッシュバックの手続きが複雑」「問い合わせをした当日に契約しないとキャッシュバックを適用されない」「広告に書いてある十数万円のキャッシュバックは電話で言わないと適用してくれない(担当者からは言ってくれない)」「キャッシュバックの支払いがなぜか10ヶ月後」などなど。

よくよくHPを見てみると、

【キャッシュバック条件】
≪40,000円キャッシュバック≫
auひかり回線(ずっとギガ得プラン)+ひかり電話+弊社指定プロバイダ+弊社指定オプション+即日申込+auひかりスタートサポート 3万円還元

 

≪20,000円キャッシュバック≫
auひかり回線(マンションプラン)+ひかり電話+弊社指定プロバイダ+弊社指定オプション+即日申込+auひかりスタートサポート 3万円還元

 

《即日申込完了について》
「即日申込完了」が設定されているものに関しては、お問合せいただいた当日、もしくは1回目のお電話でお申し込みいただいた方限定です。

書いてあった!しまった、広告につられてしまった…とどうしようかと思っていたところで担当者から着信が。

もう一度詳しくメモを取りながら話を聞こう、納得できなかったら断ろう!と思い、先ほど説明していただいた内容を事細かに確認してもらうことにしました。

料金形態を確認

HPではマンションの我が家だと月額3800円、ただし工事費用30,000円が24ヶ月1250円割引になるため月額2550円になるのか確認してみました。

すると担当者は「工事費用30,000円はso-netが支払いを負担してくれるため、実質無料となります。実際にお支払いいただく料金はマンションタイプでしたら3800円です」との回答。

Ryuka

なんだ、2550円じゃないんじゃない!

まぁでもどこのプロバイダもマンションは3800円なので、それ以上高くなければ別にいいかな、と思ってしまいました。

auひかり正規代理店でのキャッシュバック内容

35000円のキャッシュバック内訳を聞いてみても、HPとの内容が異なっていた気がしたので、「HPには十数万のキャッシュバックと記載がありましたが、私の場合適用はできないのですか?」と聞いてみました。

すると担当の方が「ありがとうございます!HPをご覧いただいた方にはキャッシュバック上乗せがあります」とイキイキした様子で教えてくれました。

Ryuka

これがあの口コミに書かれていた内容か…!

やはり広告の高額キャッシュバックはこちらから言わないと適用されないみたいです。

キャッシュバックの内訳は

  • 他社プロバイダの解約違約金補填30,000円+キャンペーン中のため15,000円上乗せ
  • プロバイダをso-netにすると20,000円
  • 工事費30,000円(24ヶ月間支払い金額より割引があるので実質無料)
  • 株式会社25より18,000円もらえる

マンションの我が家の場合キャッシュバックは113,000円、うち現金でもらえる金額は53,000円でした。

Ryuka

工事費用の30,000円はso-netが負担してくれるので実際私の手元に現金としてのキャッシュバックはありません。
注意
戸建てとマンション、また月によってキャンペーン内容やキャッシュバック金額が異なります。

ただし口コミの通りキャッシュバックの手続きが複雑

キャッシュバックの金額は魅力的だしありがたいものばかり。

しかしキャッシュバックの手続きが口コミの通り複雑でした。

まずso-netからもらえる20,000円は開設後4ヶ月目にso-netからメールで申請内容が届き、申請をするともらえます。

Ryuka

なぜ4ヶ月後!?

また解約違約金補填の30,000円にプラスされる15,000円は郵便為替またはau walletにチャージされます。この申請は書面で来るようですが、今契約しているプロバイダを解約後に半年間以内に郵送する必要があります。

そしてネットで物議を交わしていた株式会社25からいただける18,000円は、開通後10ヶ月目で申請をし、12ヶ月後に振り込まれると言うこと。

Ryuka

10ヶ月後って忘れるでしょ!?

と思ったので、いろいろ質問をしてみました。

  • リマインドの連絡はいただけるのか→ご連絡は差し上げていません
  • 1ヶ月間しか申請期間はないのか→1ヶ月間だけです
  • もし1ヶ月後以降に申請をしたらもらえないの?→少々お待ちください

最後の「もし1ヶ月後以降に申請をしたらもらえないの?」と聞いたところで、担当の方が「少々お待ちください。確認いたします」と保留にされました。

すると「今確認させていただきました。忘れてしまうこともありますので、今回は開通工事が終わったら弊社にご連絡ください。翌月に振込させていただきます。」とありがたいお言葉をいただくとこができました!

Ryuka

えー!?本当に!?びっくり!めちゃめちゃいい人たちじゃない!!

口コミがあまり良くなかったのでこのご対応には本当に驚きましたが…

もしかしたら評判があまり良くないことを会社自体が把握されていて、改善に務めているところがあるのかな?と思いました。

Ryuka

他にも料金形態やキャッシュバックの申請方法・書面の用意はしてくれるかなど、しつこく細かく質問をしたのですが、丁寧に教えてくれました。

例えばauひかりの料金形態ではプロバイダ+インターネット代+固定電話もセットの料金になります。我が家は固定電話がないので、そのことも相談をしました。

この解約違約金補填が支払われるまでの間は付ける必要がありますが、2〜3ヶ月後に違約補填金が支払われるので、支払われたらKDDIに電話をし、固定電話を外してもらいます。

そうすると500円料金が安くなる(3800円の支払いになる)そうです。

他にも最初にオプションが付いていますが、無料期間(2ヶ月のものと24ヶ月のものがある)を過ぎたら外すと〇〇円になることも説明していただきました。

Ryuka

10ヶ月待たず翌月振り込んでくれるからだけではないですが、質問と確認を事細かに繰り返した結果納得がいったので、契約をお願いすることにしました。
注意
ちなみにプロバイダのso-netは2年契約となるため、途中解約してしまうと違約金10,000円がかかります。

 

しっかり話をすればかなりいいサービス!




不安な人は安心のNNコミュニケーションズ

同じくauひかりの代理店、 NNコミュニケーションズはKDDIから表彰されているくらいの安心出来る代理店です。

誇大広告ではなく、ちゃんと私たちの手に渡るキャッシュバック金額を提示しています。

Ryuka

私もNNコミュニケーションズの存在を契約後に知ったのでご案内しておきます….

NNコミュニケーションズはオプション加入条件なし、キャッシュバックは開通後1ヶ月後に振込、ネット+固定電話だけでなくネットのみの加入も出来ます。



Ryuka

口コミ評判が良く、よけいなオプションもないのでauひかりを検討中の方はNNコミュニケーションズの方が安心して契約出来ると思います。

NNコミュニケーションズ公式サイトはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です